FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

南京下見張り

DSCN0019_20131204210007f72.jpg
外壁はモルタルにしようか、板張りにしようか迷っていましたが、
いよいよ杉板で鎧張りにしようと考えていたところ、
いつもお世話になっている材木屋さんが垂木を届けに来たついでに
こんなのあるよ~って、持ってきていただいたのが、
南京下見板と言うもの。
重なるところが、薄く加工してあるんだそうです。
最初は杉板の野地板を鎧張りしようと考えていましたが、
専用品はやはりきれいですね。
どうしようか迷ってきました。外壁はもうちょっと考えることにします。

檜やヒバなどの壁板は雨にあたると乾燥収縮の繰り返しで、
どうしてもヒビが入りやすいそうですが、
その点、杉はヒビには有利なんだとか。
木材の適材適所ってやっぱりあるんですよね。

DSCN0023_20131204210011c5c.jpg
檜の4寸角が足りなくなってしまったので、1本追加で持ってきていただきました。

DSCN0021_201312042100099d1.jpg
柱は木が立っていた方向で建てるというのがありますが、
木目の三角の向きで見る方法やわかりにくい時は、
檜など枝が上に伸びる樹種であれば、節の年輪の幅の差でみるそうです。
この場合は狭くなっている右が上です。
つまり、左を下にして柱を加工してたてます。

DSCN0047_20131204210013d00.jpg
土台の一本を仮置きしてみました。
アンカーの穴あけはいろいろと難しいですね。
ちなみにパッキンは入れない予定です。
多少の工夫はしないとですけど。
土台、柱が檜だとカッチリしていてきもちいいですね。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ニーモニモ

Author:ニーモニモ
ドームハウスに住んでいます。ただいま小屋をのんびり製作中~、オーディオやオートバイの趣味もありたまに更新しています。

最新記事
カテゴリ
カレンダー
03 | 2019/04 | 05
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
アクセス
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。