FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ビンテージ映画館用スピーカー

DSCN0018_20131020203246e56.jpg
私は特別ウエスタンの信者とかコアなファンではありません。
ですので、聞いてみたくなったもの、そして手元においておきたくなったものが、
自然と残っていると言うのが正直なところです。

神話のような話も飛び出すウエスタンではありますが、
なかでも555ドライバーは好きですね。
自身そこまで経験や知識があるというわけでもないのでしょうが、
ビンテージオーディオ名品や、オールホーンを聞いていると、
やはり世界が違うなぁとは思います。
名品と呼ばれるだけはあります。
そういう物は、きっとメンテがいき届いているんでしょう。

現代ハイエンドのサウンドステージとか定位とかもとても
緻密な表現ですが、箱庭的だったりが大半です。
それはそれで、視聴スペースによってはマッチングしてくるのかもしれませんね。
また、対極を知ることもチューニングを進めるときに、
情報として手助けになったりします。

何事もやりすぎはいけませんが。

このホーンWestern Electric16Aといいますが、1930年ころに作られた
映画館用の機材です。
80年前の機材ですが、現代のスピーカーと比べ劣っているところもありますが、
追い越せない、近づけないところもあると思います。
それは音響理論がしっかりしていること。
目的にブレがないこと。
いろいろな意味で贅を尽くしてあること。
触って自分で調整してみると感じますね。

大きな空気レスポンス。
音楽の揺らぎが、ドームハウスに充満する感じです。
そもそも映画館用に開発されたのですから、当たり前ですね。
ドームハウス自体にも不安要素ありますけど(妙な打消しが発生したり・・・)、
まぁ大丈夫なようです。

家庭用小型スピーカーでは動かせない表現ではないかな。
もちろん小型スピーカーが悪いとかというもではなく、
見合った部屋とか箱の問題です。
ヘッドフォーンも性能はいいですからね。
得られる気持ち良さは、それぞれだいぶ違ってますけど。

また、現代のPA用とか呼ばれる機材とも時代の変化で、
異なっているので、業務用でくくられません。



DSCN0010_201310202033400e1.jpg
エールやゴトウのような解像度感、透明感とはちがいますが、
デフォルメされない落ち着いた音色が心地良いかと思います。
GOTOのSG555系が手ごろなので、接続機器の調整に利用したりしていますが、
それ自身も透明感ある軽やかな音質で素晴らしいと思います。

DSCN0012.jpg
フィールド電源はタンガーです。
電源によって音色が激変するとか言う人がいますが、
どうなんでしょうか?
電源機器によるアウトプットの差異とかが磁束に影響して変化してるんでしょうか。

人間の耳が敏感な帯域のクォリティを高めると好きな音に近づきます。
超低音も超高音も私には聞こえません。感じません。必要ありません。

私はケーブルとかも無視しているので、
もっと大切な要素があるんだと考えます。

オーディオのアクセサリーってなんですかね。

よく自動車でエアロとかアクセサリーつけているのと変わらない気が、
性能とは関係ありませんって。
でも、自動車いじる人は、カッコイイから楽しいからやってるようだから、
救われますね。

オーディオはと言うと、良くなると思っている。
期待しているものだから、変わらないと苦しんでいる人も。
ここはアクセサリー作る側の宣伝方法の問題を感じます。
一番??なのは、現代のSPにウエスタンのケーブルですが・・・。

私は基本、雰囲気がいいのでタンガー電源にしています。
よくアウトプットを確認しながらの使用です。

これらとても古い装置なので、適正な調整がされていないと、
単純にがっかりする人もいると思われます。
非常に高価なものになってしまっているので、
誤解も生まれやすいのが残念です。

ちなみに私には16Aにツイーターは必要です。
もちろんホーンツイーターでなければなりませんが。
オールホーンにこだわるわけではありませんが、
現実にマッチングの問題です。

時間があれば、そのうち我流のオールホーン、マルチチャンネルの
調整の仕方とかを記事にしたいと思います。

基本はSPの能率、PC、解析ソフト、マイク、マイクアンプ、チャンデバ、マルチアンプが
あれば簡単にいいところまではいきます。
過渡特性が異次元のコンプレッションドライバーではありますが、
タイムアライメントが不利ではあります。
そこは一般的なデジタルチャンデバーで整合させるのが良いと感じています。

もちろんケーブルとかアクセサリーを変えても計測範囲外ですよ(笑
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ニーモニモ

Author:ニーモニモ
ドームハウスに住んでいます。ただいま小屋をのんびり製作中~、オーディオやオートバイの趣味もありたまに更新しています。

最新記事
カテゴリ
カレンダー
07 | 2018/08 | 09
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
アクセス
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。