スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

年末の大掃除

DSCN0019_20141231125615a69.jpg
年末と言えば大掃除。
おなじみの見た目優先で、なにかと不便なドームハウスですが、
スカイライトのガラス掃除は、BESSドームオーナーの悩みの一つではないでしょうか?
悩んでるのはわたしだけ??(笑)

建築前に営業さんにスカイライトはどうやって掃除するの?って質問したら、
いや洗わないですよ!
そのままです。そのまま。
って回答されたのをおぼえています。
そんなに汚れません、展示場も洗ってません!って。

しかし、我が家の周辺は一帯が畑。
乾燥期には砂の風で、黄砂みたいに黄色くなるし、
しかも、海を望む立地のため、海風で潮が降ってベタベタにもなってしまい、
非常に汚れるんですよね。

だから、ほかのドームオーナーさんよりも厳しいのかなっておもいます。

ですので、4mの梯子で掃除することにしました。
とりあえず、ホースで水を窓にかけて砂を流します。


DSCN0027_20141231125617faa.jpg
下でバケツに、カーシャンプーを入れた泡泡でスポンジにたっぷりつけて、
上にのぼりふきふきします。

うちのスカイライトは3層目までにしかないので、この方法でなんとか
洗うことができます。
これは幸運でした。
4層目にスカイライトを入れたお宅は、、、無理かもしれません。

DSCN0037_201412311256198fc.jpg
ついでに、ショートエクステンションの屋根のアスファルトシングルの収まりはこんな感じでした。
ちなみに水切りがみえますが、ルーフィングとの収まりがなんとなく気になりました。
水切りって普通、ルーフィングの下だと思うのですが、屋根材シングルとの施工順を考えると、、、
みたいな。
防水テープの重ね貼りでしょうか?

DSCN0056_2014123112565195f.jpg
ついでに天窓の掃除は、さらに高いとこにありますが。
こちらは。

DSCN0055_20141231125650c92.jpg
脚立にのって天窓を、くるってひっくり返して表を、
掃除することができます。

ただ、これも結構な高所作業なので、苦手な人は無理かもしれません。

DSCN0044_2014123112562191e.jpg
あとは、風呂場の掃除。
うちはユニットとかではない古典的な作りのため、
経年変化が気になるところです。
やはり多少掃除には気を使いますね。
しかし、陶磁器類は手入れされていれば、劣化はすくないので(半永久)、
カビ対策とかに乾燥だけは気を付けています。

でも、無駄に広いので、掃除は少々面倒。

一般的なお宅のお風呂場は北向きが多いと思いますが、
我が家のお風呂は南向きにあり、日中は燦々と日が入り室温もあがります。
無駄に広い風呂場=エアボリュームがあるので、
乾くのも間違いなく早いです。


DSCN0049_201412311256231c9.jpg
3年半で、木の壁のカビはおそらく皆無です。今のところですが。
もちろんノーメンテ。拭いたことすらないです。

DSCN0050.jpg
湯船に近いところもまったく変化はありません。
この分では5年やそこらでは、まったく心配はないようですね。

床タイルの目地の隅部の水垢くらいでしょうか。
これは漂白剤で一年に一度とかです。
あとは普段の入浴後の軽い拭き取りくらいです。

こちらもとりあえず、ピカピカです。
このまま維持できればいいのですが、どうなんでしょうね。
スポンサーサイト
プロフィール

ニーモニモ

Author:ニーモニモ
ドームハウスに住んでいます。ただいま小屋をのんびり製作中~、オーディオやオートバイの趣味もありたまに更新しています。

最新記事
カテゴリ
カレンダー
11 | 2014/12 | 01
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
アクセス
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。