スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

DSCN0406.jpg

桁は軒桁はヒノキの4寸、それ以外は杉の3.5で、
継ぎ手はプレカットでもおなじみの腰掛鎌継ぎです。


DSCN9992_20130925173412632.jpg

得意の丸ノコで切れ込みいれときます。
あとは鎌の頭も丸ノコでカット。


DSCN0013.jpg

丸ノコで届かないところを、手ノコでひきます。
縦、横両びきの歯なんですが。。。切れませんなぁ。
ヒノキのせいもあるんでしょうが、やはり縦は縦、横は横ですな。


DSCN0022_20130925173238464.jpg

腰掛が切れたら、回転させて。


DSCN0030_2013092517323971b.jpg

首のところをノミで落とします。


DSCN0035.jpg

ノコの歯のずれたあととか、バリを修正して。

DSCN0039.jpg

腰掛鎌継ぎの男木が出来ました。


DSCN0065.jpg

女木の墨はこんな感じ。
まぁ素人全開です!!!

DSCN0077.jpg

時間押してたので、写真撮りわすれましたが、
女木が完成しました。

ご対面~

DSCN0070.jpg

仮組みしてみると。。。
いいんじゃないでしょうか?
ピターっとしてます。
先端は少しあけてあります。


これ以上入れると、抜けなくなったらこわいので、
コレくらいにしておきます。


DSCN9991.jpg

作れることを確信したので、
ここは一気に調子に乗って、杉3.5の材の5本を同時に製作しちゃいます!

5本ならべて墨をいれて、丸ノコもいっきにダァ~っと。


DSCN9998.jpg

ノミも予約順に、ハイ次の方~
見たいに楽しくやっていきます。

実は連日の気温35度で目がかすむほど暑いです。。。
アホみたいに2ℓアクエリアスが無くなりまし、
ビショビショで2回もシャツやら着替えしながらです。


DSCN0003.jpg

なんとか桁祭りも成功に向かっているようです。

にしても、杉はヒノキにくらべてかなりやわらかいです。
角のみをセットして、バイス固定したらかなりめり込んで。。。


DSCN0007_20130925173234101.jpg

あとは女木を5本!

ここは角のみ先生にお越しいただきまして、
ざっくり削っていきます!

角のみの使い方は我流ですが、いろいろコツあるようで、
やり方変えながら、すこしづつ上手くなってるようです。



DSCN0673.jpg

ぴったりじゃないですか???
なかなか美しいです!

こちらは1寸ほど首を長くして強くしています。


杉やヒノキいいも悪いも触って加工してみないと、わからないこと
たくさんあると思います。

杉はSD15で人工乾燥材です。
ヒノキはKD材としかわかりません。

KDなんで背われなしですが、心持ちの放射ヒビは特性として
あたりまえでしょうが、仕口、継ぎ手作るときに気になります。

これも大径木の辺材や、集成材では全く気にならないことなのでしょうね。

芯持ちの場合、使う箇所によっては、背われアリの自然乾燥材のほうが、
扱いやすい場合も出てくると思いました。

今後の勉強のため背われ入りも仕入れておきました。。。
スポンサーサイト
プロフィール

ニーモニモ

Author:ニーモニモ
ドームハウスに住んでいます。ただいま小屋をのんびり製作中~、オーディオやオートバイの趣味もありたまに更新しています。

最新記事
カテゴリ
カレンダー
07 | 2013/08 | 09
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
アクセス
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。