スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

DIY道具

DSCN0069_20131228205114f5e.jpg
私の道具をご紹介します。

差し金です。
加工するには寸法を墨入れしなくてはなりません。
まず直角に線を入れるには、一番大事な道具といえます。

DSCN0063.jpg
木材の切断は主に丸鋸で行いますが、
そこでガイドとか丸鋸定規が必要です。
これは2代目で1代目の定規は精度が悪く苦労しました。
これも安物ではありますが、満足しています。

DSCN0096.jpg
線が引けたら、次は切断ですね。

手鋸で切ることもありますが、角材や数を切るときは丸鋸を使います。
マキタの190mmホーム用です。
これも2代目ですが、1代目は軽トラに踏まれて殉職しました。
以前の丸鋸よりも狙ったところを切れる感じで、買い換えてよかったです。

プロ用も使ってみたいです。
何かが違うのかな。0.2~0.3mmのハンドリングしやすいかどうかです。
以前、近所の職人からお借りした、日立のプロ用165mmは軽かったし、
回転振動も少なくて好印象でしたから。

DSCN0064.jpg
切断したら組み立てですね。
活躍するのは、インパクトドリルです。

マキタのプロ機です。
文句なしの性能だと思います。
これ使うだけで仕事がはやくなります!!!
高価なだけはありますね。


DSCN0067_2013122820511261d.jpg
道具バックにスケール、手鋸(ゼットソー)、玄能、ドリルや調整工具。
ほとんどはホームセンターで購入。


DSCN0066.jpg
ノミもホームセンターで買いました。
大工さんに相談したら、ホームセンターの3本セットで十分とのアドバイス。
もちろん私の能力前提でしたが。
それより、砥石が大事とのことでした。
リョービの回転式砥石を買って切れ味を保つようにしています。

刃先のコンディションは絶対条件です。

ウッドデッキとかなら必要はないでしょうが、建築で手刻み仕口を作るなら、
使用頻度が高まります。
カンナは替え刃式。実はうまく使いこなせ手ません。


DSCN0099_20131228205118f95.jpg
サンダー。リョウビ製。
DIYではよく便利だとか見たことありますが、
ほとんど使いません。
外溝でレンガをカットした時につかったぐらい。

DSCN0100.jpg
スライド丸鋸。マキタプロ用。
精密なカットに使います。

プロ機はやはり、マキタか日立でしょうか?
高価なものですが、ヤフオクでゲットしました。


DSCN0060_20131228205018fa0.jpg
角ノミ。
ホゾ穴をあけるためだけのドリル。
日立BS-30SAです。


自分でホゾ穴をあけるなら、これ以上に心強い道具はないです。
まっすぐ四角い穴が開きます。
赤瓦の小屋つくりでは、主役級。

DSCN0135_20131228205215827.jpg
昔の大工さんにはおなじみの機械。
プレカット全盛では、出動することはなくなってしまったかもしれません。
柱のほぞを切り出すための、専用機。

その名もマキタ ホゾキリ((笑)

ほぞを作るとしたら、笑っちゃうくらいの作業効率。

DSCN0214.jpg

4枚の丸鋸刃でアッという間の精密切断。
シビレます。

難はデカすぎて、置き場に困ることでしょうか。
スポンサーサイト
プロフィール

ニーモニモ

Author:ニーモニモ
ドームハウスに住んでいます。ただいま小屋をのんびり製作中~、オーディオやオートバイの趣味もありたまに更新しています。

最新記事
カテゴリ
カレンダー
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
アクセス
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。