スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ドームハウスの欠点

ドーム生活に書こうかこっちに書こうか迷ったのですが、
まぁどちらでもよいので、こっちに正直なとこ書いておきます。
ドームハウスに共通してたり、ウチだけの問題だったりもしますが、
変わった家なのでやはり欠点も多いです。

1.決して安くはないむしろ高い(技術料?と割り切るしかない)
2.使っている材料費は他の木造住宅に比べてかなり安いと思います
3.なので、価格の割りにチープな仕上げのところが多い
4.スチール玄関ドアはラッチがないので、非常に不便で特に風強い地域は注意が必要
5.スカイライトにカーテンがない、直射日光、コールドドラフト・・・
6.シーリングファン無意味、吹き抜けで空気の効果的な対流などないに等しいと感じる
7.なので、1Fと2Fの温度差が激しすぎる
8.料理のにおいが家中にまわる
9.天窓ととくにスカイライトの掃除ができない(困難)
10.玄関あけたら家中が丸見え
11.2Fのフロアが弱すぎる
12.スカイライトの内側の枠があまりにもプラスチックすぎる
13.家に日陰がない
14.洗濯物を干すところがない
15.普通の家具が置けない
16.実質の屋根裏がないので、雨の音がうるさい
17.必ずやってくる屋根のリフォーム、費用が何倍もかかる
18.建てる地域でスキルによる品質格差が大きい
19.知らない人が家を見に私有地に侵入してくる
20.屋根と壁の境目がないので、どこにでも鳥の糞がつき、また黒いのでよけい目立つ
21.外部の木部が弱い
22.外構をやらないと家のバランスが変
23.個室の低遮音、親子だとプライバシーを保てなさそう
24.木が多いので、狂いなど隙間がおおい
25.2Fは基本的に天窓になるので、閉め忘れると雨アウトで被害甚大も
26.天窓の網戸に虫やゴミがたまり、開け閉めでパラパラ・・・
27.天井高ある大空間はエアコンのききが悪い・・・
28.建てた後の壁や屋根の電気配線の増設や改造ができないと思ったほうがいい
29.アレンジプランによっては、やせ我慢が必要かもしれない
30.このデータの無いプランによって生活にどう影響出るのか、営業は把握できていない
31.雨漏りの可能性、1F天井のパテヒビ・・・神経質な方には向かない(笑
32.実質として専有面積よりだいぶ狭い

かる~く、これくらいはスラスラ出てきちゃいます。
まだまだ、あるかもしれませんね。

3年目に入ってますが、慣れるものもあるし、
諦めるところもあります。
もちろん、ずーっと気になっているところもあります。

マンション買っても、ほかの構造の一戸建てを買っても
いろんな欠点あるんでしょうが、ドームハウス固有の欠点と
言うのはたくさんあるのは事実ですね。

普通の家って良くできてるなぁって、当たり前の家に関心したりしますよ(笑

もしも住んだことが無い人が、最近の木造新築と比較して感じるんではないかと思うこと、
私個人が感じることですが、ライフスタイルや、感性が違う方とかは
欠点と感じないかも知れません、またもっと欠点があるかも知れません。

あとは強い個性との綱引きでしょう。
地震に強い、風に強いって言っても木造としては・・・だろうし。
あるいはどのような快適性を求めるかということかな。

いや、我慢が多いものほど、喜び強く増幅されたりする、
感性の問題なのかも。
没個性な優等生はまったくつまらないみたいな。

つまり、だからどうしたがドームハウスですわ。
冒頭に戻りますが、ウチだけの問題とドームハウス共通のと
ありますから、さらに知りたい方は質問してください!
いつでも受け付けます(笑
スポンサーサイト

屋根材

ドームハウスの屋根材はアスファルトシングル。

ネットで調べてもあんまり良いことがかかれていませんね。

どこかのサイトでは油がながれてくる~って書かれてましたな。

あるいは、燃えやすくて危ないとか。。。

実際のところは知りません。

油は流れてきてないようですけどね。

ネットではいいところなしです。。。

それどころかドームハウスはすべてアスファルトシングルで全身タイツみたいな状態です。。。


最近は地震や竜巻来ると、ニュースで瓦が落ちたりした映像を良く見ます。

その影響か瓦からスレートへリフォームする人が増えているそうですね。

かたやドームはというと形状から、葺き替え自由度がひくいですし、

たまーに金属系をまとったドームハウスもあるようですが、

真夏の温度上昇かんがえたら恐怖だし、

雨音のすごさも容易に想像できます。


屋根材は個人的には瓦が一番好きなんです。

見た目の重厚感は瓦に勝てる材料は無いんじゃないでしょうか?

耐久性もぴか一だし。

断熱性能も素晴らしいですよね。確か。

でも重さがネックならいっそのこと鉄筋コンクリートで建てて、

内装はふんだんに木を使って、屋根は瓦っていうのがよいのでは?

って最近は思います。

もし次チャンスあればですが、、、ないか。





木の家

あくまでも個人の考えですけど。

はたしてログハウスって100年とか持つものなのでしょうか?

おそらく気候に合った樹種が肝心なのではないのでしょうか?

ログハウスではないけど、100年以上も経ってる古民家って、

大断面の材料で、ヒノキ、ケヤキ、クリ、ヒバ、地マツといった樹種を

材料にしたものがほとんどです。

ましてや、ホワイトウッド、ツガ、合板、杉とかも現在主流の建材樹種を使った

古民家とかって存在してないのではないのでしょうか?

スプルースやパインのログが日本の気候で何年持つのでしょう。

私は懐疑的です。いや~興味ありますけど。

メーカーが保障するっていってるんだから・・・良材なら大丈夫なのかな。

古民家で残ってるのは樹種が違うのですよね。さらに材のサイズやクオリティ。

あと、気密の悪い家。

さらに水周りを母屋と分離した不便な家。

これが木をもたせるんじゃないのかな。

今の家は真っ向から反対なんですよね。


そして古民家の大抵は基礎がありません。

基礎を鉄筋コンクリートで作る以上、

いくら高価な木材で建てても鉄筋コンクリートの寿命でしかありません。

100年住宅。200年住宅。3世代住宅。てコピー見たことありますけど、

石場建てとかなんでしょうかね?

100年、200年続く企業も驚異的ではありますし。


ログハウスなら、ばらせるから~もしかすると基礎の作り直しでいけるかもしれませんね。

良材のヒノキや国産ヒバのログハウスであればかなり安心ですが。。。

しかし、そもそもそれが100年以上もつ家とはいえませんけど。

そー言えばどこだかのログハウスは土台?だけ基礎と

パッキン介して接する材料に米ヒバ使ってましたね。

ログはパインでしたラミネートの。

BESSさんではなかったのですが、うちの傍でたててました。

土台ってあるんだー!

ログ材と違うんだー!

ってちょと発見ではありましたね。

パインよりは安全・・・ってことなんでしょうか。

ただログハウスに基礎パッキン工法かぁ・・・って思います。

イメージとしてですが。

なんか普通の家っぽい(笑

基礎パッキンも石質樹脂だったり、ステンレスとか御影石とか短かったり長かったり・・・

なんか試行錯誤中な感じがします。

基礎、土台に試行錯誤要素って、気持ちよくないしモヤモヤするんです。(私だけかな?)

選択工法については法律もからむんでしょうかね。

というわけでBESSさんのカタログ見てみましたが・・・

基礎パッキンで、土台はよくわからない感じでした。

でも米ヒバだってそんなに耐久性なさそうなんですけど。

小屋製作で土台の材料取り寄せて米ヒバ検討したんですが、

サンプルが悪かったのか?やわらかくってめり込みそうで~私は結局ヒノキにしました。

ログハウスは柱めり込みないですけどね。。。

もし腐りにくいことが耐久性であるならば、多少やわらかくてもって

かんじなのかぁ・・・それとも良材は!!ちがうのでしょうか。


自虐ではあるんですが、ドームハウスも価格なりの材料なりの

耐久性なのかなと考えております。

カタログにも強気発言ないですし(笑)

どうせ持たないのなら、気に入った個性的な家であればいいんです。

コンクリート住宅や、軽鉄骨・プレハブ住宅のほうが建材が安定してるだろうし

やっぱわかりやすい家だなぁっと木の家たててから思いました。

木の家って手っ取り早いけど、難しいしあやふや要素満載な気がしてます。

見た目は圧倒的に、木の家が好みだから、やっぱりそれでいいのかな。

BESSの家

オーナーとして感じることを書きます。


いいところ・・・

個性的であること。

カタログの写真がすばらしい。

ラフなデザインがワイルド。

建ててから完成させる楽しみがある。(展示場とか豊富)

木の家はいい。

勇気がある!

メンテが凄い!!


わるいとこ・・・

カタログと現実にギャップがうまれる。

ラフなつくりを勘違いした大工が雑を生む。

設備が躯体価格につりあわないぐらい、安物が標準。

なんだか未完成で終わる。(展示場のゴールは遠い)

後に木の知識が増えると残念。


特にドームハウスは、

気に入ったらとってもいい家。

でもトラブッたら、ヤバイ家。


も、もちろん前者ですけど。

ドームハウスにした最大の理由

それは、代官山展示場のドームハウスの個性に惹かれたんでしょう。

プロトタイプにして一番尖がった仕様だからです。

まずデカイんです。

直径とかは同じなのですが、

基礎コンクリートが異常に高く立ち上げられ1m50くらいあるのでしょうか。

半地下にはコンクリート住宅のような事務所があって、

その上に一段高く、ドームを建てています。

だから凄く大きく見えるんです。

まぁ インチキです(笑)

その他の特徴や間取りといえば、

エクステリアでいえば、10何枚というスカイライト。

大型のウッドデッキ。

ロングエクステンション。

1Fがすべて個室。

吹き抜けなし(笑)

全2F(ワンフロアでリビングダイニング)

2Fに薪ストーブ・・・

これ見よがしな炉台とかもないんです。2Fに薪ストーブ設置には細かいルール無いそうで・・・


細部は、旧モデルとごちゃごちゃになってて、そこも個性的。


それはやりたい放題の家です。

当時の標準のドームを1000万円かけてカスタムしても

届きそうにない仕様ですな。


やっぱりインチキだわ(笑)
プロフィール

ニーモニモ

Author:ニーモニモ
ドームハウスに住んでいます。ただいま小屋をのんびり製作中~、オーディオやオートバイの趣味もありたまに更新しています。

最新記事
カテゴリ
カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
アクセス
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。